マンション経営で発生する税金について

バナー

マンション経営で発生する税金について

マンション経営とは、新しく自分の土地に賃貸住居等を建設したり、投資マンションを購入して、その建物に不特定多数人を居住させて家賃収入を得る不動産投資等のことを言います。
マンション経営ですが、これは、税法上は不動産所得若しくは事業所得扱いとなります。



マンション経営をするためには、居住用の物件を確保することから始まります。

マンション購入若しくは更地に建設する場合、不動産を取得したことになり、不動産取得税が都道府県から課税されます。



この税金は、不動産を取得した際に自動的に発生することになります。


次に、不動産を所有している人は、継続的に市町村及び東京23区から固定資産税が課税されます。

不動産所得税は、賃貸住居等を運営する場合で、家賃収入を得て、その収入を得るのに掛かった経費を差し引いた額が課税対象となります。
経費となるものは、不動産を取得した際に自動発生する取得税及び固定資産税、譲渡する際に発生する譲渡税、建物の改築費用やメンテナンス費用、募集広告費、管理(警備費用も含みます)及び運営に掛かる費用、となります。



これらは、税法上の経費として認められています。

マンション経営をする場合、建物が五棟以上で一つの建物が十室以上となると事業的規模とみなされて事業所得扱いとなります。この場合であっても、不動産所得で生じた経費は同様の扱いを受けます。

また、投資物件を購入した場合、マイホームを購入したものとみなされるので所得税の税額が確定しても、税額控除として減税されることになります。


Copyright (C) 2015 マンション経営で発生する税金について All Rights Reserved.